大阪教育大学特別支援教育部門
冨永研究室

研究業績

Ⅰ.論文

1.冨永光昭(1989)「ハインリッヒ・ハンゼルマンの発達抑制児(者)保護論に関する一考察」『広島大学大学院教育学研究科 博士課程論文集』第15巻、PP.1-7.

2.冨永光昭(1990)「ハインリッヒ・ハンゼルマンにおける発達抑制理念の形成ーその歴史的意義と限界」『特殊教育学研究』第27巻第4号、PP.21-32.

3.冨永光昭(1990)「第9章 遊びから労働へ」(PP.143-160)、「第11章生活を支える 第1節 就労保障」(PP.180-187)、「第11章 生活を支える 第3節 共同作業所」(PP.194-201)、「戦後障害者教育史年表」(PP.10-21)分担 藤井聡尚編著『障害者教育学』、福村出版

4.冨永光昭(1991)「西ドイツにおける障害児のインテグレーションの動向―ブレーメンの学校実験とフォイザーのインテグレーション理論を中心にー」『広島大学教育学部紀要』第1部第3号、PP.11-21.

5.冨永光昭(1992)「ドイツ連邦共和国における障害者の職業教育(1)-女子教育をめぐる問題との接点―」大阪教育大学障害者臨床教育研究プロジェクト『障害者臨床教育に関する基礎的研究(Ⅴ)』、PP.81-85.

6.冨永光昭(1994)「ドイツ語圏におけるハインリッヒ・ハンゼルマン研究の特色(1)-学的立場による解釈の差異を顧慮して-」『大阪教育大学紀要』第Ⅳ部門第42巻第2号、PP.339-349.

7.冨永光昭・塚崎典子・服部美江(1994)「新聞社説にみる戦後日本の障害者問題―朝日新聞社説の分析を中心としてー」『大阪教育大学障害児教育研究紀要』第16号、PP.11-32.

8.冨永光昭(1994)「戦後大阪府病弱虚弱教育実践史研究試論」『大阪教育大学障害児教育研究紀要』第16号、PP.1-10.

9.冨永光昭・木村敬・堀由佳・川森友紀子(1995)「柏原市における障害児保育の現状と課題―保育所・幼稚園における障害児の統合保育調査をめぐって」『大阪教育大学障害児教育研究紀要』第17号、PP.11-20.

10.冨永光昭(1996)「障害児教育実践に関する教育学研究の諸課題」 猪岡武監修『障害教育 これまで・いま・そしてこれから』、猪岡武教授退官記念事業会、PP11-23.

11.冨永光昭・守屋志保(1996)「大阪市における障害児の放課後・休日問題と制度的保障」『大阪教育大学障害児教育研究紀要』第18号、PP1-16.

12.冨永光昭(1997)「障害児教育の授業評価の方法(1)-ビデオによる「授業過程分析」を通して-」『大阪教育大学障害児教育研究紀要』第19号、PP.9-21.

13.冨永光昭(1997)「スイス障害児教育研究のパースペクティブ」『大阪教育大学紀要 第Ⅳ部門』第46巻 第1号、PP.47-56.

14.冨永光昭(1998)「障害児の授業における教材をめぐる問題」『大阪教育大学障害児教育研究紀要』第20号、PP.17-25.

15.冨永光昭(1999)「学力の基礎を培い、社会認識・自然認識の力量を形成する教科教育」 『講座転換期の障害児教育第5巻 障害児教育方法の軌跡と課題』、三友社出版、PP.111-130.

16.冨永光昭(1999)「スイス-多言語国家にみられる障害児教育の多様性」 『講座転換期の障害児教育第6巻 世界の障害児教育・特別なニーズ教育』、三友社出版、PP.149-171.

17.冨永光昭(1999)「ドイツ語圏における治療教育学の展開-一般教育学とのかかわりを通してー」 小笠原道雄監修『近代教育思想の展開』福村出版、PP.302-323.

18.冨永光昭(2000)「障害児の授業におけるストラテジーの検討―目標設定と教師―子ども関係のストラテジー・目標設定と教材設定のストラテジーを中心としてー」『大阪教育大学障害児教育研究紀要』 第23号 PP.39-47.

19.冨永光昭(2000)「病弱養護学校調査結果」『特殊教育諸学校の教育課程と大学進学状況に関する調査報告書』、大学入試センター研究開発部、PP.49-66.

20.冨永光昭(2001)「スイス史とハインリッヒ・ハンゼルマンの足跡」『障害児教育研究紀要』第24号、大阪教育大学障害教育講座、PP.35-42.

21.冨永光昭・近藤千津子(2001)「大阪教育大学における障害学生受入れの課題」『大阪教育大学紀要 第Ⅳ部門 教育科学』、第50巻第2号、PP.281-292.

22.冨永光昭(2001)「大阪府における知的障害生徒の高校教育保障」 日本SNE学会(特別なニーズ教育とインテグレーション学会)、『SNEジャーナル』7、文理閣 PP.116-141.

23.冨永光昭(2001)「教育系大学、学部における障害学生支援調査」『平成11、12年度入学者選抜研究委員会報告書』、大阪教育大学入学者選抜方法研究委員会 PP.1-15.

24.冨永光昭・近藤千津子・三上博(2001)「障害学生の講義保障に関する研究」『大阪教育大学教育研究所所報』36、 PP.31-40.

25.冨永光昭(2001)「高等学校への知的障害生徒へのインクルージョン」『障害教育への招待』 生涯発達研究会、 PP.75-86.

26.冨永光昭(2001)「障害児教育の理念」『MINERVA 教職講座 障害児教育』、ミネルヴァ書房、 PP.2-18.

27.冨永光昭(2002)「障害理解教育の授業分析の課題と方法―小学校第2学年の授業実践を通して-」『大阪教育大学紀要 第Ⅳ部門 教育科学』、第51巻第1号 PP.81-105.

28.冨永光昭・堀家由紀代・白井明子(2002)「大阪府における知的障害生徒の高校教育保障(2)」 日本SNE学会(特別なニーズ教育とインテグレーション学会)、『SNEジャ-ナル8』、文理閣 、PP.116-141.

29.冨永光昭・岸田博子(2002)「知的障害養護学校高等部における造形表現活動の授業分析」『大阪教育大学紀要 第Ⅳ部門 教育科学』、第51巻第2号、PP.383-403.

30.冨永光昭・長沢洋信・小川敦弘(2002)「全国病弱養護学校小学部・中学部・高等部における病気の理解教育に関する研究 -全国病弱養護学校調査の分析を通して-」『大阪教育大学障害児教育研究紀要』第25号、PP.59-72.

31.冨永光昭(2003)「障害児の授業研究における新たな地平」 上野矗・竹田契一監修、守屋国光編集『障害教育の新しい地平線』、PP.159-176.

32.冨永光昭・岸田博子(2003)「知的障害養護学校高等部における造形表現活動の授業分析Ⅱ―総合的質的授業分析から新たな授業計画へ(1)-」『大阪教育大学障害児教育研究紀要』第26号、PP.53-70.

33.冨永光昭(2003)「教育系大学、学部における障害学生支援調査」『平成13、14年度入学者選抜研究委員会報告書』、大阪教育大学入学者選抜方法研究委員会、PP.1-42.

34.冨永光昭・長沢洋信・岸田博子・高木優・柳瀬育子・西面友史・平岡洋介(2003)「近畿2府4県における知的障害養護学校中学部・高等部の『総合的な学習の時間』に関する調査」『大阪教育大学紀要 第Ⅳ部門 教育科学』、第52巻第1号、PP.113-138.

35.冨永光昭・岸田博子(2004)「知的障害養護学校高等部における造形表現活動の授業分析Ⅲ―総合的質的授業分析から新たな授業計画へ(2)」『大阪教育大学紀要 第Ⅳ部門 教育科学』、第53巻第1号、PP.49-72

36.長沢洋信・冨永光昭(2004)「個別の指導計画の作成と活用―大阪府盲・聾・養護学校教員免許法認定講習(養護学校教諭)受講者への質問紙調査を通してー」『大阪教育大学紀要 第Ⅳ部門 教育科学』、第53巻第1号、PP.37-48.

37.冨永光昭(2004)「独自性の追求とマニュアル化を」『障害児の授業研究―特集 特別支援教育と学校安全管理マニュアル』、2004年11月号、P13.

38.冨永光昭・法山昭栄(2004)「知的障害養護学校中学部における「総合的な学習の時間」の授業分析Ⅰ -総合的質的授業分析から新たな授業計画へ-」『大阪教育大学紀要 第Ⅳ部門 教育科学』、第53巻第2号、PP.49-72.

39.冨永光昭(2004) 「「障害」・「発達」・「特別なニーズ」把握の教育学的原則」 藤井聰尚編 『特別支援教育とこれからの養護学校』、ミネルヴァ書房、PP.86-105.

40.冨永光昭(2004) 「事故・事件に関する危機管理」 河相善雄編『養護学校における危機管理マニュアル』、明治図書、PP.127-140.

41.冨永光昭・法山昭栄(2005)「知的障害養護学校中学部における「総合的な学習の時間」の授業分析Ⅱ -総合的質的授業分析から新たな授業計画へ-」『大阪教育大学障害児教育研究紀要』 第27号、PP55-69.

42.冨永光昭(2006)「ドイツにおける障害児の環境教育(1)」『障害児の授業研究』2006年1月号、明治図書、PP.44-45.

43.冨永光昭(2006)「ドイツにおける障害児の環境教育(2) -知的障害児への自然教育プログラム(1)」『障害児の授業研究』2006年1月号、明治図書、PP.44-45.

44.冨永光昭(2006)「ドイツにおける障害児の環境教育(3)-知的障害児への自然教育プログラム(2)」 『特別支援教育の実践情報』 2006年7月号、明治図書、PP.44-45.

45.冨永光昭(2006)「ハインリッヒ・ハンゼルマンとアルビスブルーン田園教育舎の相関 -ハインリッヒ・ハンゼルマンにおける治療教育実践と思想をめぐって-」『障害児教育研究紀要』第29号、大阪教育大学障害教育講座、PP.61-70.

46.冨永光昭(2006)「ドイツにおける病弱教育の現状と課題」『教育と医学』、2006年6月号、慶應大学出版会、PP.45-52.

47.冨永光昭(2007) 「スイスの特別ニーズ教育の動向」 日本特別ニーズ教育学会編 『特別ニーズ教育』、ミネルヴァ書房、PP.213-220.

48.冨永光昭・平賀健太郎(2007)「高等学校における養護学校の分校・分教室設置による位置的統合に関する研究 -全国47都道府県教育委員会への質問紙調査を通して-」『大阪教育大学障害児教育研究紀要』第30号、PP.17-24.

49.金森裕次・冨永光昭・井坂行男(2008)「教職セミナ-(特別支援教育教員養成課程)の実施状況について」『大阪教育大学障害児教育研究紀要』第31号、PP.43-53.

50.冨永光昭(2008)「ドイツの促進学校における学校犬の活用」 『大阪教育大学障害児教育研究紀要』第31号、PP.55-60.

51.冨永光昭 (2008)「特別支援教育の展望」小笠原道雄・森川正・坂越正樹編『教育的思考の作法2』、福村出版、PP.209-220.

52.冨永光昭(2009)「ハインリッヒ・ハンゼルマンと設立期のチューリッヒ治療教育セミナ-の相関 -ハインリッヒ・ハンゼルマンの治療教育教員養成思想をめぐって-」『教育方法学研究』34、日本教育方法学会 PP.61-72

53. 冨永光昭・樋口知里(2009) 「小学校の特別支援学級における環境教育の授業分析研究―実態把握(Assessment)-授業計画(Plan)-授業実施(Do)-総合的質的分析(Check)-再授業計画(Replan)(APDCR)のリサイクル過程を通して-」『大阪教育大学紀要 第Ⅳ部門 教育科学』 第58巻1号 PP.129-149

54. 冨永光昭(2010)ハインリッヒ・ハンゼルマンにおける治療教育思想の研究ー治療教育実践と治療教育思想の関わりを中心としてー 大阪市立大学博士論文

55. 冨永光昭(2010) 「ドイツにおける知的障害児の環境教育の現状と課題―持続可能な開発のための教育(ESD)の視座を問い直すために」『大阪教育大学紀要 第Ⅳ部門教育科学』第59巻1号

56. 冨永光昭(2010)ハインリッヒ・ハンゼルマンにおける治療教育思想の研究ー治療教育実践と治療教育思想の関わりを中心としてー 大阪市立大学博士論文

57. 冨永光昭(2010) 「ドイツにおける知的障害児の環境教育の現状と課題―持続可能な開発のための教育(ESD)の視座を問い直すために」『大阪教育大学紀要 第Ⅳ部門教育科学』第59巻1号

58. 冨永 光昭 , 金森 裕治 , 井坂 行男 他(2011)新時代の特別支援教育に対応する教員養成システムの研究(1)本学における特別支援教育科目の教員養成課程必修化の意義と課題(第1報) 大阪教育大学紀要. 第4部門, 教育科学 60(1), 141-151

59. 冨永 光昭 , 長澤 洋信(2011)知的障害高等特別支援学校における環境教育に関する研究 : 全国高等特別支援学校への質問紙調査を通して 四天王寺大学紀要 (52), 123-133

60. 吉岡 徹 , 冨永 光昭(2011)高等学校における特別支援学校分校・分教室等設置に関する研究 : 全国都道府県教育委員会調査を通して 大阪教育大学紀要. 第4部門, 教育科学 60(1), 127-139

61. 西山 健 , 冨永 光昭 , 平賀 健太郎 [他] , 井坂 行男 , 金森 裕治(2012)新時代の特別支援教育に対応する教員養成システムの研究(2)本学における特別支援教育科目の教員養成課程必修化の意義と課題(第2報)
大阪教育大学紀要. 第4部門, 教育科学 61(1), 185-194

62. 杉谷 綾子 , 河合 俊典 , 冨永 光昭(2012)全国都道府県・政令指定都市教育委員会における障がいのある幼児児童生徒の防災教育・訓練計画及び防災マニュアルの作成の実態と課題(2)通常の学校・幼稚園における障がいのある幼児児童生徒の防災教育・訓練計画及び防災マニュアルについての質問紙調査を通して 大阪教育大学紀要. 第4部門, 教育科学 61(1), 147-159, 2012-09

63. 脇田 耕平 , 藤井 梓 , 河合 俊典 [他] , 池永 真義 , 冨永 光昭(2015) 肢体不自由特別支援学校における「新しい」キャリア教育の実態と課題 : 近畿2府4県の肢体不自由特別支援学校への質問紙調査を通して 大阪教育大学紀要. 第4部門, 教育科学 64(1), 177-186

64. 飯塚 一裕 , 青柳 まゆみ , 小田 侯朗 , 岩田 吉生 , 相羽 大輔 , 萩原 拓 , 齊藤 真善 , 蔦森 英史 , 濵田 豊彦 , 澤 隆史 , 冨永 光昭 , 井坂 行男 , 西山 健(2016)HATOプロジェクト構成大学における特別支援学校教員養成カリキュラムの現状と課題
 障害者教育・福祉学研究 12, 185-191

65. 岩田 吉生 , 小田 侯朗 , 青柳 まゆみ , 飯塚 一裕 , 相羽 大輔 , 萩原 拓 , 齊藤 真善 , 蔦森 英史 , 濵田 豊彦 , 澤 隆史 , 冨永 光昭 , 井坂 行男 , 西山 健(2016)HATOプロジェクト構成大学における特別支援教育の学校支援ボランティアの実態
障害者教育・福祉学研究 12, 179-183

66. 相羽 大輔 , 岩田 吉生 , 小田 侯朗 , 青柳 まゆみ , 飯塚 一裕 , 萩原 拓 , 齊藤 真善 , 蔦森 英史 , 濵田 豊彦 , 澤 隆史 , 冨永 光昭 , 井坂 行男 , 西山 健(2016) HATOプロジェクト構成大学に対する障害学生支援の実態調査 障害者教育・福祉学研究 12, 173-177

67. 森野 宅麻 , 竹内 彩華 , 林 美加 , 沖 勘介 , 冨永 光昭(2016)日本における「授業のユニバーサルデザイン」の研究動向
 障害児教育研究紀要 (39), 23-37

68. 平沼 源志 , 藤井 梓 , 冨永 光昭(2016)中学生における障がい理解教育の授業を通した思考過程の変容 : 大阪教育大学附属平野中学校1年生の感想分析から 
障害児教育研究紀要 (39), 7-22

69. 長澤 洋信 , 黒田 有賀里 , 多田 晴香 , 冨永 光昭(2017)私立学校における特別支援教育推進プロセスの考察(1)コーディネーター研修受講者への校内委員会に関する質問紙調査を通して
 障害児教育研究紀要 (40), 91-108

70. 平沼 源志 , 藤井 梓 , 長澤 洋信 , 高岸 康文 , 冨永 光昭(2017)障害理解教育の授業から見る中学生の障害に関する思考の変容 : 授業終了後の感想文の分析から
 障害児教育研究紀要 (40), 63-71

71. 廣部 恵子 , 長澤 洋信 , 冨永 光昭 (2018)特別支援教育におけるカリキュラム・マネジメントの現状と課題 : 小学校の特別支援教育コーディネーターへのインタビュー調査から 障害児教育研究紀要 (41), 45-56, 2018

72. 長澤 洋信 , 蜂谷 晃平 , 浅間 耕一 , 平沼 源志 , 冨永 光昭(2018)〈実践報告〉インクルーシブ教育システム推進に向けたフライングディスクを題材とした交流及び共同学習の理論と実践(Ⅰ) : 5観点による総合的質的授業分析からの検討  障害理解研究   (18), 25-33

72. 山田 春華 , 冨永 光昭(2019)知的障がい特別支援学校における防災教育の現状と課題 : 知的障がい特別支援学校教員へのインタビュー調査を通して 障害児教育研究紀要 (42), 111-120

73. 冨永 光昭 , 足立 陽菜(2019)学生ボランティアによる被災障がい児(者)支援活動の意義と課題 : 学生ボランティアへの記述式質問紙調査を通して
 障害児教育研究紀要 (42), 99-110

74. 長澤 洋信 , 鈴木 浩太 , 冨永 光昭(2020)大学新入生の障がい児・者に対する認識 : 障がい種別の違いの検討  教育研究実践論集 (9), 165-172

Ⅱ.翻訳

1.冨永光昭訳(1999)「ゲラルド・ブレス著 言語治療学校」(全訳) 『大阪教育大学障害児教育研究紀要』 第21号、PP.53-67.

Ⅲ.著書(編著・単著)

1.冨永光昭「学力の基礎を培い、社会認識・自然認識の力量を形成する教科教育」、『転換期の障害児教育 第5巻 障害児教育方法の軌跡と課題』、三友社出版1.湯浅恭正・冨永光昭編著(2002)『障害児の教授学入門』、コレール社。

2.冨永光昭(2006)『特別支援教育の授業づくりーより良い授業を求めてー』、ミネルヴァ書房

3. 冨永光昭(2008)第12章 特別支援教育の展望  小笠原道雄・森川正・坂越正樹編集教育学概論 教育的思考の作法 福村出版. 209-220

4. 冨永光昭(2001)「高等学校への知的障害生徒へのインクルージョン」『障害教育への招待』 生涯発達研究会、 PP.75-86.

5. 湯浅恭正・冨永光昭編著(2002)、『障害児の教授学入門』、コレール社

6. 冨永光昭(2004) 「事故・事件に関する危機管理」 河相善雄編『養護学校における危機管理マニュアル』、明治図書、PP.127-140.

7. 冨永光昭(2006)『特別支援教育の授業づくり』、ミネルヴァ書房

8. 冨永光昭(2007) 「スイスの特別ニーズ教育の動向」 日本特別ニーズ教育学会編 『特別ニーズ教育』、ミネルヴァ書房、PP.213-220.

9. 冨永光昭 (2008)「特別支援教育の展望」小笠原道雄・森川正・坂越正樹編『教育的思考の作法2』、福村出版、PP.209-220.

10. 冨永光昭・平賀健太郎編著(2009)『特別支援教育の現状・課題・未来』、ミネルヴァ書房

11. 冨永光昭編著(2011)『新しい障がい理解教育の創造』、福村出版

12. 冨永光昭(2012)『ハインリッヒ・ハンゼルマンにおける治療教育思想の研究ースイス障害児教育の巨星の生涯とその思想』、福村出版

13. 冨永光昭(2014)「第4節 発達障害児の理解と指導」 日本教育方法学会編『教育方法学ハンドブック』、学文社 、PP.334~337

14. 冨永光昭・平賀健太郎編著(2009)『特別支援教育の現状・課題・未来』、ミネルヴァ書房

15. 冨永光昭著(2011) ハインリッヒ・ハンゼルマンにおける治療教育思想の研究―スイス障害児教育の巨星の生涯とその思想―福村出版 

16. 冨永光昭編著(2011) 小学校・中学校・高等学校における新しい障がい理解教育の創造 福村出版 

17. 冨永光昭(2014) 発達障害児の理解と指導 日本教育方法学会編 教育方法学研究ハンドブック 学文社 334-337 

18. 冨永光昭(2015) 第6章 インクルーシブ教育の本質 小笠原道雄編著 教育哲学の課題 「教育の知」とは何か 福村出版 107-123 

19. 冨永光昭(2015) 第26章 情緒障害教育の教育課程・指導法 守屋國光編著 特別支援教育総論―歴史、心理・生理・病理、教育課程・指導法、検査法ー
風間書房 354-363 

20. 冨永光昭編著(2015) 新時代の学びを創るー教科教育のフロンティア あいり出版 

21. 冨永光昭(2018) 8章 新しい障がい理解教育の意義と課題 越後哲治他編著 未来に生きる教育学 あいり出版 109-122

22. 冨永光昭他編著(2018) 特別支援教育の授業の理論と実践 あいり出版 

Ⅳ.辞典等

1.本邦特殊教育関係部会別文献目録 分担 1996年 特殊教育学研究
34(1)、日本特殊教育学会
PP.93-98
病弱虚弱教育部会分担
2.障害児教育大事典 分担 1997年
2010年
旬報社 「治療教育学」、「精神整形」、「グッケンビュール」、「ハンゼルマン」、「トリューパー」、「ヘラー」分担
3.本邦特殊教育関係部会別文献目録 分担 2000年 特殊教育学研究
39(1)、日本特殊教育学会PP.93-98
病弱虚弱部会分担
4.現代教育方法事典 分担 2004年 日本教育方法学会編集、旬報社 「障害児の教科指導」、「重度重複障害児の教育方法」分担